分譲住宅の予算

分譲住宅の予算 結婚して家庭を持つと欲しくなるのが「マイホーム」です。
住宅には分譲住宅と注文住宅があり、自由度の高い注文住宅に比べて、初めからあらゆる設備が整っている分譲住宅はお値打ちな価格となっています。
分譲住宅の平均的な予算は、建設されている土地にもよりますが、都心では4000万円から5000万円で地方なら2500万円~3000万円ぐらいといえるでしょう。
もちろん、都心と地方では土地の広さには違いがあります。
頭金として用意しておくとよい金額としては、購入資金の2割程度といわれてます。
実際のところは頭金を多くいれることで、その分、住宅ローンの負担額も減少することもあり、マイホームに住んだ後の生活にもゆとりが出るのですが、すべての貯金を頭金に使用することはお勧めできません。
世帯主である夫が、何かしらの病気や事故などのトラブルに巻き込まれた際に使用できるように、生活費用に半年分ぐらいは残しておくとよいでしょう。

見積もりを見て詳細まで把握したい分譲住宅の価格

見積もりを見て詳細まで把握したい分譲住宅の価格 分譲住宅を買うなら、不動産会社や工務店からしっかりとした見積もりを取るようにして下さい。
住宅ローンを組み多額のお金を使って購入するわけですから、支払うお金の中身を理解していないと虎ぶるんありかねません。
返済計画にも狂いが生じる可能性があり、購入した分譲住宅で暮らし始めてからの生活にもゆとりがなくなります。
分譲住宅の購入時に支払うお金には様々な諸経費も含まれているので、必ず見積もりを取って金額の内訳を把握して、気になる点があるなら不動産会社や工務店の担当者に質問しましょう。
優良な不動産会社や工務店の担当者なら、顧客の質問にも丁寧に答えてくれます。
逆に質問に対して丁寧の説明を拒むようなら、信頼できないので購入をやめるのも一つの方法です。
詳細な内訳まで把握してから分譲住宅を購入すれば、少なくともお金のことでトラブルになる可能性は低くなります。
余計なトラブルを避け気持ち良くマイホームを手に入れるためには、重要なポイントです。